グローバルナビ

2018年3月20日火曜日

『ファンベース──支持され、愛され、長く売れ続けるために』(3)【最幸の人生の贈り方 vol.1886】

最幸の人生を自分にもまわりにも贈ろう!
朝日一惠(いちえ)です。


酒井美佐ファシリテーターの女性のための読書会




──────────────────
■ 2018年3月14日のメルマガ記事より抜粋
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】
ファンベース(3)
時間がかかるのではない 時間をかけたいのだ
──────────────────
 

いったい世の中に、
ファンを笑顔にすることほど
楽しい仕事が他にあるだろうか。



とかくファンベースは
「時間がかかる」
「手間がかかる」
「手離れが悪い」
「効率が悪い」
などのネガティブな要素で語られがちだ。
 
 
でも、それはマスメディア上で
大声で叫べば伝わった妨害型のやり方を基準に
比較しているからで、 
いったんそれをゼロに戻して
今までのやり方を忘れてみると、
愛用してくれているファンを
大切にする仕事であるファンベースは、
とてもポジティブな要素で満ちている。 
 
 
時間がかかるのではない。 
じっくりと「時間をかけたい」のである。 
 
 
手間がかかるのではない。
真摯に丁寧に「手間をかけたい」のである。 
 
 
手離れが悪いのではない。
楽しいから「手を離したくない」のである。 
 
 
効率が悪いのではない。
できるだけ長く「労力をかけてつきあいたい」のである。 
  
 
ファンを大切にする。 
ファンを笑顔にする。
そのファンたちの支持をより強くする。
 
そのファンたちをベースに企画を考える。
 
ファンと一緒に売上を伸ばしていく。
 
ファンと一緒に企業やブランドや商品の価値を上げていく。 
 
これらは基本的にとても楽しいことだ。
 
 
私の気持ちが代弁されている言葉でしたので、
引用しました。
 

手離れがいいほうが楽?!


ある時、あるマーケティング担当が
こう話したのです。
 
「この商品を新たに売ろうと思うのだけど。」
 
私はこう話しました。
 
「もし、Facebookグループでのサポートを
つけたら、手間はかかるけれど、
商品価値もあがるし、お客様満足度もあがるし、
だから、商品単価をあげることもできますよ。」
 
「ぼくは手離れがいいほうが好きなのだけど。」
 
 
今までのマーケティング担当者は、
手離れのよいセールスがよいやり方だと
考えてきたのだと思います。
 
どんどん見込客が集まり、
どんどん購入いただけるなら、
手離れがいいほうが楽です。


新規顧客を集めるのは難しくなっている


しかし、あまりに情報があふれすぎて、
消費者が情報を受け取れなくなって
しまっているのです。
 
じゃあ、どうする??
 
ということです。
 
もちろん、広告からまったく
商品を買わないわけではありません。 
 
今でも広告は有効です。
 
私自身、広告から商品を買うことも
よくあります。
 
が、自分と同じ価値観をもっている人の
おすすめだったら、
他の選択肢を見ることなく、
まずはそのまま買ってみることでしょう。
 
だから、ファンベースのコミュニティが
大切なのです。


このシールがいいのよ、でも。。。


 
先日、今年から使い始めた「逆算手帳」の
新商品の企画ミーティングに
参加しました。
 
来年度の手帳をデザインするのに、
手帳開発者のコボリジュンコさんが
ユーザーの声を聞きたいということでした。
 
コボリさんの手帳へのこだわり、愛情が
とてもすばらしいのです!
 
一方、自分の価値観やこだわりが、ユーザーに
伝わりきっていないことを
残念に思っている様子も
伝わってきました。
 
そんな中、コボリさんが手帳にはるための
シールを参加者にプレゼントしてくれたのです。
 
「逆算手帳」のムック本でも紹介していた
とんがり帽子のかわいいシールです。

逆算手帳ととんがり帽子のシールとピンセット

これを前日の気分に合わせて、
貼っていくと、1ヶ月どう過ごしたか
見ることができていいよ、というおすすめでした。
 
本当にかわいいシールで、
7段階で気分を表すことのできるシールです。
 
ただ、問題点が、、、
 
ハートや星などのシールもついているのですが、
あまりに小さくて、指ではうまくはれないのです。
 
「これは、ピンセットが必要なの。
そして、このピンセットがオススメ!」
 
その場にいた皆が、すぐにピンセットを
amazonでお買い上げ。
 
 
ファンベースのコミュニティって、
こういうことだと思うのです。
 

お客様がパートナーに変わるコミュニティ


 
私は、商品やサービスの開発者・販売者と、
商品やサービスが提供する価値観を
愛しているお客様をつないで、
パートナーに変えていくコミュニティを
大切にしたいと思っています。
 
 
手間をかける甲斐があると思うし、
笑顔がひろがっていく、
とても楽しい仕事だからです。
  
                                

あなたが愛している商品・サービスは、何ですか。



メルマガの登録はこちらから。
https://www.agentmail.jp/form/h/76/2/


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html