グローバルナビ

2018年2月26日月曜日

ティール組織(6) 自転車操業ではなく自転車のような運営 vol.1870【最幸の人生の贈り方】

最幸の人生を自分にもまわりにも贈ろう!
朝日一惠(いちえ)です。
  

あなたは昨日、どんな一日を過ごしましたか。
 
写真はイメージです(^o^)/

 
昨日は、家のダイニングテーブルに合う
ベンチを探していました。
 
長男が2歳のときに買ったダイニングテーブルは、
家族が集まるようなテーブルになってほしいという
願いを込めて、6人用の大きな木のテーブルです。
 
最近は、核家族化が進んだせいか、
大きなテーブルが少ないようで、
それに合うベンチはもっと少ないです。
 
ベンチのよいところは、
背もたれがない分、
家が広く使えるところです。
 
長年使っていて、すっかりがたついてしまいました。
 
直せる職人さんが
見つかりますように。
  
あるいは、テーブルにぴったり合う、
ベンチが見つかりますように。

                         
──────────────────
■ 本日の記事
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】vol.1870
ティール組織(6) 自転車操業ではなく自転車のような運営




自転車の乗り手は完璧な角度を計算しようとするのではなく、
すぐに自転車に乗ってしまい、
だいたい正しいと思える角度でスタートし、
目的地に着くまでの間に調整し続ける。
 
このように運営されている企業、
つまり大きな飛躍を何度か図るのではなく、
高速反復を何度も行う企業の方が、
自社の存在目的に向けてスムーズに進歩できる。







私が独立するためには、
何から始めたらよいかわからないと思っていたときに、
こんな質問を問いかけられました。
 
「あなたは、どういう人のために
役に立ちたいですか。」
 
 
今では、私も他の人に必ず訊く問いですが、
その時には、私が自分自身に初めて
問いかけるものでした。
 
なぜなら、会社員のときには、そんな問いはなかったのです。
 
「この商品・サービスをどうやったら売れるのか。」
「お客様のシステムを期限内によい品質で
 開発するにはどうしたらよいか。」
 
そんなことばかりを考えてきました。
 
 
え?
私は、誰のために役に立ちたいのだろうか??

 



全文は、メルマガで。
 
本日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『ティール組織(6) 自転車操業ではなく自転車のような運営 vol.1870』
です。
 
メルマガの登録はこちらから。
https://www.agentmail.jp/form/h/76/2/


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html