グローバルナビ

2017年9月1日金曜日

最幸の人生の贈り方 2017年8月 メルマガ発行記事

朝日 一惠です。

メルマガ読者様のおかげで、8月も
毎日発行することができました。
心より感謝いたします。
どうもありがとうございます。
 

8月11日のメルマガ記事より抜粋


9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために
(3) 地図よりコンパス
──────────────────
 

 
9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために
伊藤 穰一, ジェフ・ ハウ
2017年出版
  
Whiplash: How to Survive Our Faster Future
Joi Ito、 Jeff Howe
2016
 
<<<<<
メディアラボは多くの教授会を開き、
ビジョン──そのコンパスの方角──を議論する。
 
伊藤穰一がメディアラボにきてから
唯一の真のコンセンサスは
──そしてこれは、所長としての初年度の教授会
で起きたことだ──
メディアラボが「独自性、インパクト、魔法」を
目指すということだ。
 
独自性:
メディアラボは、他のだれもやっていないことをやり、
だれかがその活動をしているようなら他へ移る。
 
ジョージ・チャーチが言うように、
競争するようになったら、もうおもしろくない。
 
インパクト:
純粋科学分野で働く人々の多くは
「科学のために」知識を発見しようとしている。
これは重要ではあるけれど、
メディアラボはインパクトを目指して活動する。
 
こうしたコンパスの方角は、
自分自身の活動について考える枠組みを作り出し、
それぞれのグループや個人が
アイデンティティと方向性を持ちつつも、
場所としてのすばらしく豊かな多様性を
減らさずにすむ。
 
「ぼくたちは固体のかたまりではなく、
むしろ液体や気体のようになりたい」。
>>>>>
  


<<<<<
メディアラボやそうした組織は、
コンパスについて考えて
共通の方向性のもとに集うことで
「率いる」ことができる。
 
ぼくといっしょに働く何百人もの頭のいい、
好奇心に満ちた、独立した人々が出会いそうな、
あらゆるアイデアや課題の詳細を理解したり、
予測したりするのは不可能だ。
 
ぼくたちは、自分がコントロールしていないという発想や、
何が起こるか予測もできないし、
いま起こっていることすらすべてはわからないけれど、
それでも自信を持って勇敢になれるのだ、
という発想になじむ必要がある。
 
これで考え方、アプローチ、時間軸の多様性を
受け入れられるようになって、
すべてを過剰に同期するよう無理強いせずにすむ。
 
成功への鍵はルールや、果ては戦略ではなく文化だ。
 
道徳的な指針の話であれ、
世界観の話であれ、
感性や嗜好の話であれ、
ぼくたちがこうしたコンパスをセットするのは
自分たちが作り出した文化と、
その文化をイベントやメールや会合やブログ投稿やルール作りや、
果ては流す音楽を通じてどう伝えるかを通じてのことだ。
 
それは、ミッションステートメントやスローガンよりは、
むしろ神話体系のようなものだ。
>>>>>




伊藤穰一さんが率いるメディアラボ、
おもしろそうですよね。
 
私は、伊藤さんをNHK Eテレの
TEDを紹介する番組でしか知らないのですが、
それだけでも、ワクワクするような組織を
率いている印象をもっています。
 
日本人が、世界最先端のクリエイティブな
職場のリーダーとして活躍しているのを
見るのは、とても励みになります。
 
さて、「率いる」という言葉には説明が
ついていました。
 
誰かの下ではなく、「一緒に働く」という
表現で表していました。
 
私もこの言葉にとてもこだわりをもっています。
 
カリスマ性のある人と一緒にいると、
まわりには、その人の背中を見る人、
その人の顔色をうかがう人が
たくさんいます。
 
私は、そういう集まりは好きではないのです。
 
そうではなくて、リーダーの見ている方向を
一緒に見たいと思うのです。
 
そして、さらには、その方向が、私ひとりでも
行きたい方向なのかをいつも確認しています。
 
それが私にとってのコンパスです。
 


その方向に行きたいかどうかを判断するのは、
感情です。
 
ですので、コンパスをもつためには、
自分の感情を大切にする必要があります。
 
軸がぶれている人、覚悟が足りない人は、
この感情を大切にしていないのではないかということに
気がつきました。
 
これは本当にもったいないことです。
 
コンパスを見ないで、うろうろしているのと同じです。
 
私は、何か大切な決断をするときには、
自分の感情を見ることにしています。
 
怒りたくなるなら、
悲しくなるなら、
その方向に進みません。
 
楽しくて、ワクワクするなら、
迷うことなく、そちらに向かっています。
走っているかもしれません。
 
地図を見ていても、現在地は正しくないかもしれないし、
目の前の障害が地図に載っていないかもしれないし、
建物も新しくできているかもしれません。
 
だから、コンパスがあればいいという著者に
大いに賛成します。 

 
あなたは、自分のコンパスを見ていますか。

 

最後まで、お読みいただき、
どうもありがとうございました。


20170801 成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい  vol.1661
20170802 成長したければ、(2) グローバルで大切な能力とは  vol.1662
20170803 自分より頭のいい人とつきあいなさい (3) 尊敬できない上司のもとでは働けない  vol.1663
20170804 死ぬほど読書  vol.1664
20170805 40歳が社長になる日 vol.1665
20170806 読み書きが苦手な子の読み方 vol.1666
20170807 持続可能な開発のための2030アジェンダ vol.1667
20170808 大きな決断をしました vol.1668
20170809 9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために(1) 権威より創発vol.1669
20170810 9プリンシプルズ(2) プッシュよりプル vol.1670
20170811 9プリンシプルズ(3) 地図よりコンパス vol.1671
20170812 9プリンシプルズ(4) 安全よりリスク vol.1672
20170813 9プリンシプルズ(5) 従うより不服従 vol.1673
20170814 9プリンシプルズ(6) 理論より実践 vol.1674
20170815 9プリンシプルズ(7) 能力より多様性 vol.1675
20170816 9プリンシプルズ(8) 強さより回復力 vol.1676
20170817 9プリンシプルズ(9) そしてこれから vol.1677
20170818 細胞から若返る! テロメア・エフェクト 健康長寿のための最強プログラム(1) vol.1678
20170819 テロメア・エフェクト(2) テロメアはあなたの考えに耳を傾けている vol.1679
20170820 テロメア・エフェクト(3) マルチタスクはあぶない vol.1680
20170821 テロメア・エフェクト(4) 人生の目的と性格 vol.1681
20170822 テロメア・エフェクト(5) 自分は一人で苦しんでいるのではない vol.1682
20170823 テロメア・エフェクト(6) テロメアの短縮を防ぐ運動とは vol.1683
20170824 テロメア・エフェクト(7) テロメアのための睡眠とは vol.1684
20170825 テロメア・エフェクト(8) 気にするべきは体重ではなく vol.1685
20170826 テロメア・エフェクト(9) 環境とテロメアの関係 vol.1686
20170827 テロメア・エフェクト(10)  人間関係と差別で寿命が変わる vol.1687
20170828 テロメア・エフェクト(11)  子ども時代・まとめ vol.1688
20170829 メガトレンド(1)  技術と社会成熟のライフサイクル vol.1689
20170830 メガトレンド(2)  第1〜第3メガトレンドと25の事業機会 vol.1690
20170831 メガトレンド(3)  第4〜第6メガトレンドと13の事業機会 vol.1691