グローバルナビ

2017年1月1日日曜日

最幸の人生の贈り方 2016年12月 メルマガ発行記事

朝日 一惠です。

メルマガ読者様のおかげで、12月も
毎日発行することができました。
心より感謝いたします。
どうもありがとうございます。
 

12月17日のメルマガ記事より抜粋


ホラクラシー(3) 反対意見を検証する方法
──────────────────



『HOLACRACY 役職をなくし生産性を上げるまったく新しい組織マネジメント』
ブライアン・J・ロバートソン
2016年出版


HOLACRACY:
The New Management System for a Rapidly Changing World
Brian J. Robertson
2015年


<<<<<
「この提案を採用することにより、
悪影響が生じたり、サークルが後退したりする理由は
何かありませんか。」


これは「反対意見」の簡単な定義だ。


「悪影響」から守るべきものとは、
目的と責務を実現するサークルの能力であり、
サークルメンバーの個人的な好みやアイデアではないことを、
しっかり認識しよう。


有効な反対意見とは、
以下のすべてを満たさなければならない。


A.もし、反対意見に取り組まなかった場合、
提案はサークルを向上させられないだけでなく、
損害を与えることになる
(つまり、サークルの目的を実現するための現在の能力を低下させることになる)。
なおかつ、


B.反対意見は、提案を採用する場合に限って生じるものであり、
したがって、提案が取り下げられれば存在しなくなるものである
(つまり、既存のひずみではない)。
なおかつ、


C.反対意見は、既知のデータから生じているか、
あるいは、予測の場合には、重大な被害を及ぼさずに採用できる見込みはないと思われる
(つまり、提案をとりあえず試してみて、必要だったら採用する、
というやり方に十分な安全性がない)。
なおかつ、


D.仮に、提案が採用された場合、反対者にとって、
反対意見を提案として処理することが有効になるはずである
(つまり、提案は反対者の役割のいずれかを制限するものだ)。


また、憲法では、「提案は違憲だ」とする反対違憲も認めていて、
この場合、4つの基準を満たす必要はない。
>>>>>


<<<<<
はっきり規定されたガバナンス・プロセスがないと、
暗黙の了解が衝突した場合、
他人のことを悪いほうに解釈したり、
責任を押し付けあったり、という状況に陥りやすい。


あるいはそういう問題を避けるために、
もっぱら社内政治で丸め込んだり、
コンセンサスを築いたりして、
暗黙の期待に沿うようみんなにプレッシャーをかける。
>>>>>



私には、いやな仕事の進め方がいくつかあります。


「全体の場だと、意見がいいづらいかもしれないから、
個別に聞いとくね。」


(おいおい、全体の場を、安心・安全の場にすることは、
考えないのかよ〜)


「ぼくは、こうしたほうがいいと思うけど、
責任者は、朝日さんだから、よろしくね。」


(責任とるつもりないなら、口出しするなよ。)


こういう言葉に、ひとつひとつムッとしている私がいます。


ですので、ムッとしなくていいような仕事の進め方をしたいのです。


このホラクラシーで書かれている組織のありかたと仕事のすすめかたは
私が探していたものにとても近いです。


それは、根回しもコンセンサスも社内政治も必要なく、
エゴもはいらず、反対意見を学習として取り入れていくことの
できる組織です。


そして、その組織が簡単にはできないことも
この本を読んで理解しました。


でも、先例があるなら、自分にもできるはずです。


簡単ではなく、困難だから、やりがいがあります。


すでに、時代にそぐわないと思っている組織運営を
次世代に残す理由はないでしょう。


学習する組織、進化し続ける組織に
挑戦したいと思います。


私は、誰よりも、向上し続けたいと思う人たちを応援したいですし、
向上がより加速する場をつくりたいのです。

           
あなたは、根回ししていませんか。



20161201 チームが機能するとはどういうことか(2) 効果的なチーミング vol.1418
20161202 チームが機能するとはどういうことか(3)  学習するためのフレームをつくる vol.1419
20161203 チームが機能するとはどういうことか(4)  心理的に安全な場をつくる(上) vol.1420
20161204 チームが機能するとはどういうことか(5)  心理的に安全な場をつくる(下) vol.1421
20161205 チームが機能するとはどういうことか(6)  失敗から学ぶ vol.1422
20161206 チームが機能するとはどういうことか(7)  境界を超えたチーミング vol.1423
20161207 2017年をよい年にしたい方のために vol.1424
20161208 指揮者のいないオーケストラに学ぶ(1) vol.1425
20161209 指揮者のいないオーケストラに学ぶ(2) 権限と自己責任 vol.1426
20161210 指揮者のいないオーケストラに学ぶ(3) 役割とリーダーシップ vol.1427
20161211 38年前に父が遺してくれたもの vol.1428
20161212 指揮者のいないオーケストラに学ぶ(4) チームワークと聞き方・話し方 vol.1429
20161213 指揮者のいないオーケストラに学ぶ(5) 合意と情熱 vol.1430
20161214 お金のシークレット vol.1431
20161215 ホラクラシー(1) 職場が進化する vol.1432
20161216 ホラクラシー(2) 2種類のミーティング vol.1433
20161217 ホラクラシー(3) 反対意見を検証する vol.1434
20161218 向上し続けたいあなたのために vol.1435
20161219 スーパーベターになろう(1) vol.1436
20161220 スーパーベターになろう(2) 人生を変える最初の4つのクエスト vol.1437
20161221 鳥居祐一さんと北原照久さんに学ぶ成功の秘密 vol.1438
20161222 白紙の来年計画 vol.1439
20161223 どんな人とつきあいますか vol.1440
20161224 スーパーベターになろう(3) クエスト5からクエスト10 vol.1441
20161225 スーパーベターになろう(4) クエスト11からクエスト14 vol.1442
20161226 スーパーベターになろう(5) クエスト15 vol.1443
20161227 スーパーベターになろう(6) クエスト16 vol.1444
20161228 スーパーベターになろう(7) クエスト17からクエスト18 vol.1445
20161229 スーパーベターになろう(8) クエスト19 vol.1446
20161230 スーパーベターになろう(9) クエスト20 vol.1447
20161231 今年1年をふりかえります vol.1448