グローバルナビ

2016年8月1日月曜日

最幸の人生の贈り方 2016年7月 メルマガ発行記事

朝日 一惠です。

メルマガ読者様のおかげで、7月も
毎日発行することができました。
心より感謝いたします。
どうもありがとうございます。
 

7月23日のメルマガ記事より抜粋


ORIGINALS(4)
賢者は時を待ち、愚者は先を急ぐ
──────────────────



『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』
アダム・グラント
2016年出版


ORIGINALS
Adam Grant
2016


<<<<<
オリジナルな人になるためには、
いちばん最初に行動しなくてはならないわけではない。


大成功を収めている人たちは、
スケジュールどおりに到着しているわけではない。
>>>>>


<<<<<
古代エジプトでは、
「先延ばし」を意味する
二つの異なる動詞があった。
 
一つは「怠惰」、もう一つは「好機を待つこと」を表す言葉だった。
>>>>>


<<<<<
「天才は、最小限しか仕事をしないときにこそ、
もっと多くを成し遂げることがある。
 
そういうときに天才は、発明を考え出し、
頭のなかで完璧なアイデアを形づくっているからだ。」
>>>>>



キング牧師の有名なスピーチ 
”I have a dream”の一節は、
実は、原稿にありませんでした。
 

演説の最中に、背後から、
お気に入りのゴスペル歌手に、
「夢をみんなに伝えて!」
と叫ばれたのです。
 
そこで、原稿を脇に寄せ、
未来のビジョンを語り始めました。
 
 
本当にすばらしいスピーチです。
 
 
私自身が「先延ばし」の有効性について、
実験し始めたのは、
大学3年のときにさかのぼります。

 
週2回、電磁気学と量子力学のレポートを
書き上げる必要がありました。
 
正直、楽なレポートではありませんでした。
 
早く始めてもなかなか進みません。
 
思い切って、しめきりぎりぎりまで始めない
というのはどうだろうと思ったのです。


結果、週2回徹夜の習慣ができました。
 
しかし、締め切り効果は絶大でした。
 
これは、創造性のためというよりも、
生産性を追求した結果です。


そして、潜在意識をどう活用するかということを
その後、追求し始めました。
 
 
その結果、脳の特性を活用することにしたのです。
これは、今でも実験中です。



まず、脳は空白をきらいます。
ですから、答えを無理やりつくろうとしたり、
ストーリーを勝手につなぎ合わせたりするのです。
 
これは、記憶を再構成するというときに、
脳が普通にやっていることなので、得意なのです。
 
実は、記憶を思い出すのも、新しいものを創造するのも、
脳の同じ機能を使っているだけなのです。


ならば、それを活用しようではないか。
これをうまく体系化しているもののひとつが、
フューチャーマッピングです。
 

 
さらに、睡眠中に脳内では、
情報の再構成を行っていることがわかりました。
 
では、積極的に寝ようではないか。
 
独立して行ったのは、こまめに睡眠をとることです。
もともと、寝るのは大好きなのですね〜
 
 
何か、新しい答えを出したいときは、
脳に問いを放り込んでおいて、
さらにたくさんの情報をつっこんでおいて、寝る。
 
 
それで、答えがでないなら、今、解くべき問題ではないと、さらに放置する。
 
 
これで人生やっていけるのではないかと、今、実験中です。
 
 
あなたは、積極的に先延ばししていることはありますか。
 

20160701 超チーム力(2) 理想的なチームサイズとは vol.1266
20160702 超チーム力(3) 正しい多様性のつくりかた vol.1267
20160703 超チーム力(4) ペアとトリオ vol.1268
20160704 超チーム力(5) 5〜18人の中規模チーム vol.1269
20160705 超チーム力(6) チームから組織へ vol.1270
20160706 新しい幸福論 vol.1271
20160707 絶不調です vol.1272
20160708 脳・心・人工知能(1) 脳とはなんだろう vol.1273
20160709 脳・心・人工知能(2) 脳の3つの学習方式 vol.1274
20160710 脳・心・人工知能(3) 瞬きするときに起きていること vol.1275
20160711 脳・心・人工知能(4) 学習のための餌とは vol.1276
20160712 脳・心・人工知能(5) 人工知能の歴史とこれから vol.1277
20160713 成功している人は、なぜ神社に行くのか? vol.1278
20160714 Q思考(1) グーグルにはできないこと vol.1279
20160715 Q思考(2) 質問し続けるアタマをつくる vol.1280
20160716 Q思考(3) ビジネスを劇的に変える質問とは vol.1281
20160716TEST Q思考(3) ビジネスを劇的に変える質問とは vol.1281
20160717 言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方 vol.1282
20160718 600万人の女性に支持される「クックパッド」というビジネス vol.1283
20160719 月給たった5万円!でも、選びました vol.1284
20160720 ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代(1) vol.1285
20160721 ORIGINALS(2) 大胆に発想し、緻密に進める vol.1286
20160722 ORIGINALS(3) 無関心を情熱に変える vol.1287
20160723 ORIGINALS(4) 賢者は時を待ち、愚者は先を急ぐ vol.1288
20160724 ORIGINALS(5) 「誰と組むか」が勝敗を決める vol.1289
20160725 ORIGINALS(6) 生まれた順位と育児法でどう変わるか vol.1290
20160726 ORIGINALS(7) ダメになる組織、飛躍する組織 vol.1291
20160727 やらない決意 vol.1292
20160728 Noということの大切さ vol.1294
20160729 TEAM OF TEAMS(1)  20世紀の傑出した組織は21世紀には役に立たない vol.1293
20160730 TEAM OF TEAMS(2)  効率性ではなく復元力 vol.1295
20160731 TEAM OF TEAMS(3)  チームとその限界 vol.1296