グローバルナビ

2015年4月27日月曜日

お金が氷に見える人 水に見える人 水蒸気に見える人【最幸の人生の贈り方 vol.835】

卒サラ案内人™ 朝日一惠(いちえ)です。


あなたは昨日、どんな一日を
過ごしましたか。


昨日は、本田健さんの1日集中セミナー
「お金と人生の設計図の書き換え方」に
出席しました。


セミナーに出て学ぶことは、いろいろ
ありますが、その中で最も大きなことの
一つは、人それぞれ、世界の眺め方が
違うということを知ることです。


自分よりも、面白そうな世界を眺めて
いる人がいたら、自分も同じように眺めて
みたいと気づけるようになることが
人生を変えるはじめの一歩だと思って
います。


──────────────────
■ 本日の記事
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】vol.835
お金が氷に見える人 水に見える人
水蒸気に見える人
──────────────────

私は、お金は水の流れのようなものだと
思っていました。


入っては出て行く、その流れを大きく
していくことが豊かになるということの
定義だと思っていました。


ところが、まったく違うように眺めて
いる人がいるのですね。


続きはメルマガで。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『誰もが心の中にお気に入りの物語を
もっています vol.832』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月26日日曜日

自分に受け取る許可を与えてみませんか 【最幸の人生の贈り方 vol.834】

卒サラ案内人™ 朝日一惠(いちえ)です。


あなたは昨日、どんな一日を
過ごしましたか。


昨日は、ほんとーーにうれしいできごとが
あり、黙っていられず、その場にたまたま
一緒にいらした方には、共有させて、
いただきました。


ご期待にこたえられるよう、これからが
勝負どころです。


──────────────────
■ 本日の記事
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】vol.834
自分に受け取る許可を与えてみませんか
──────────────────

フューチャーマッピングを行うときには
誰かの120%ハッピーのストーリーを
つくるので、何か意外なできごとが
入り込みます。


想定内のいいことだけだったら、
120%ハッピーにはなりませんから。


ところが、せっかくの意外なできごとが
起きても、それを受け取れる器がないと
手放してしまうことになります。


これは、もったいないことですよね。


続きはメルマガで。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『誰もが心の中にお気に入りの物語を
もっています vol.832』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月25日土曜日

他人を介するから自分の本心がわかります【最幸の人生の贈り方 vol.833】

卒サラ案内人™ 朝日一惠(いちえ)です。


あなたは昨日、どんな一日を
過ごしましたか。


昨日、結婚22周年の結婚記念日でした。
お祝いと感謝の気持ちをこめて、家族と
母と一緒に、お寿司をいただきました。


父がなくなったのは、父が55歳のとき。
あまりに早かったねえと振り返りながら、
「私も55歳までは好き勝手にやろう」と
私が改めて決意を固めると、「そのあとは
どうするの?」と聞かれたので、考えまし
た。


「おまけの人生だと思って、好き勝手に
やろうと思う。」


本当に家族のおかげで、楽しく充実した
人生を送れていることに心より感謝しま
す。


いつもどうもありがとうございます。


──────────────────
■ 本日の記事
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】vol.833
他人を介するから自分の本心が
わかります
──────────────────

昨日、個人コンサルを行いました。
フューチャーマッピングを行うたびに
その威力に感動します。


先日のフューチャーマッピング アップ
デート研修で、開発者の神田昌典さんから
課題を明確にしたほうがよいかどうかと
いう問いかけがありました。


続きはメルマガで。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『他人を介するから自分の本心が
わかります vol.833』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html


2015年4月24日金曜日

誰もが心の中にお気に入りの物語をもっています【最幸の人生の贈り方 vol.832】

卒サラ案内人™ 朝日一惠(いちえ)です。


あなたは昨日、どんな一日を
過ごしましたか。


昨日、神田昌典さん主催の認定フューチャ
ーマッピング ファシリテーターのための
アップデード研修に参加したあと、
鳥居祐一さんが毎月主催している人脈塾に
スタッフとして参加しました。


今回は、スペシャルゲストで本田健さんが
いらっしゃり、いつにも増して、すごい
盛り上がりでした。


神田昌典さんに本田健さんに鳥居祐一さん
治面地順子さん、横山信治さん、
奥山文弥さん、森澤勇司さん、
徳本昌大さん、麻野進さん、、、


私が大好きで尊敬している方々に一日で
お会いできるなんて、私には夢のような
一日でした!!

──────────────────
■ 本日の記事
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】vol.832
誰もが心の中にお気に入りの物語を
もっています
──────────────────

昨日のメルマガの続きです。
「物語」講座で学んだことを共有して
います。


今の時代、なぜ物語が大切かというと
ソーシャルメディアが普及して「共感」
が大きな鍵を握っているからです。


そして実は、物語は、ソーシャルメディア
以前のマスメディアがまだないころ、
口伝えで伝えられてきた、人間の本質
そのものだからです。


続きはメルマガで。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『誰もが心の中にお気に入りの物語を
もっています vol.832』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月23日木曜日

共感を呼ぶ物語には構造が大切です 【最幸の人生の贈り方 vol.831】

卒サラ案内人™ 朝日一惠(いちえ)です。


あなたは昨日、どんな一日を
過ごしましたか。


昨日から、認定フューチャーマッピング
ファシリテーターのためのアップデード
研修に参加しています。


全国から、フューチャーマッピングの
第一人者が集まり、本当に楽しいです。


いよいよ、本当に全世界155カ国に
向けて、講座が販売され、秋には、
グローバルファシリテーターも養成して
いくそうです。


また、英語をがんばる理由が増えました!
気がついたのですが、本当に英語で
フューチャーマッピングをやろうと
思ったら、正確な聞き取りができないと
いけないということに気がつきました。


高いハードルですね〜


──────────────────
■ 本日の記事
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】vol.831
共感を呼ぶ物語には構造が大切です
──────────────────

フューチャーマッピングに大切なのは、
物語をつくる力です。


昨日は、若い頃、プロの映画監督を目指す
ために映画をつくっていたという、ホテル
グリーンコアの金子さんにより、「物語」
講座が、フューチャーマッピングのファシ
リテーターのために開かれました。


続きはメルマガで。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月22日水曜日

今年のアメリカ最大のソーシャルメディアのトレンド【最幸の人生の贈り方 vol.830】

卒サラ案内人™ 朝日一惠(いちえ)です。


あなたは昨日、どんな一日を
過ごしましたか。


昨日の昼は、無形文化財能楽師である
森澤勇司さんと、東京海洋大学客員教授
フィッシングカレッジ校長 奥山文弥さん
が主催された「太公望の会」に参加しま
した。





釣りと能や古典から学ぶ人生の極意を
語るランチは、いつも学びになります。


奥山師匠、もう人生でやりたいことは
やりつくしたと語りながらも、次に釣る
のは美人の◯◯はどうですか、と聞いた
ときの目の輝きは、見逃しませんでした
よ。ぜひ、ゲットしてください!


森澤さんの教養の広さと深さには、いつも
感銘を受けます。そして、何よりもその
穏やかなお人柄がすばらしいです。


5月2日11:45からの明治神宮境内で
行われる春の大祭 奉納能楽観賞会は、
無料で申し込みなしで、能楽を楽しむこと
ができます。運気アップにもどうぞ。


──────────────────
■ 本日の記事
──────────────────
【最幸の人生の贈り方】vol.830
今年のアメリカ最大のソーシャルメディア
のトレンド
──────────────────

昨日は、作家・精神科医の樺沢紫苑先生と
今年から慶応大学院生になられた島青志さ
んが主催するウェブ心理塾セミナーに参加
しました。


タイトルは「アメリカソーシャルメディア
最前線」です。
3月にアメリカで行われたソーシャル
メディアのイベントに参加された方が
講師となり、その内容をフィードバック
してくださいました。


日本で流行るものは、必ずアメリカの
後追いなのです。だから、人より早く
流行を知りたかったら、アメリカに行って
学べばいいわけです。


続きはメルマガで。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月21日火曜日

頭の中でなんとつぶやいていますか【最幸の人生の贈り方 vol.829】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


成功している人が共通して言います。


「無理」「できない」という言葉は、
それ以上、脳が働かなくなるから、
やめなさい、ということです。


私自身も、口に出さないにしても、
よく頭の中でつぶやいていることが
あります。


「こんなことできないよお」
「時間がなくて無理」


こんなつぶやきに気がつくたびに、
修正しています。


なぜなら、、、
続きはメルマガで。


昨日は、整体で身体を診てもらいました。
実は、さまざまな人から、同じようなこと
を言われていて、どうにかしたいと思って
いたのです。


私の腰を触った瞬間、こんな腰はおかしい
と言われました。首もやはりおかしいそう
です。


ずいぶん前は腰痛に悩まされていましたが
最近はなかったので、もういいのかと
思っていました。


長年のいろいろな癖で、身体に負担を
かけているようですから、これを機会に
見直していきますよ。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『頭の中でなんとつぶやいていますか vol.829』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月20日月曜日

セミナー講師で一生食べていくのは難しい【最幸の人生の贈り方 vol.828】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


一昨日の講演会の講演者のお一人である
神田昌典さんのお話です。


神田さんは、一流マーケッターですから、
お話は、市場分析、人口動態による分析、
コンテンツ事業、セミナーの価値とは何か
という流れでの説明でした。


最後は実際に、セールスコピーをどう
やって書いているかという実演の動画まで
ありました。


私は、今まで神田さん主催の講演会や
セミナーしか見てきていなかったので、
ゲスト出演の神田さんを初めて拝見しま
したが、いつもと違う神田さんでちょっと
おもしろかったです。


というのも、、、
続きはメルマガで。


昨日は、釣りの師匠、東京海洋大学客員
教授 フィッシングカレッジ校長の
奥山文弥先生が主催する
「伝統釣り道楽文化ヘラブナ釣り」に
参加しました。


なぜ道楽文化なのか。
食べるための釣りではなく、江戸時代
末期の金持ちのための趣味として
始まった釣りだからです。


昨日は、奥山さんご自慢の奥様と息子さん
にもお会いできて、ラッキーでした。
前日に奥様は、ナマズ釣りで日本記録を
つくったそうです。


ちなみに、私は、釣った数は5匹と少ない
ものの、大きさの目安の30センチを
超える尺べラを2匹釣り上げ、満足です!


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『セミナー講師で一生食べていくのは
難しい vol.828』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月19日日曜日

売れる営業の第一印象を簡単につくる方法【最幸の人生の贈り方 vol.827】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


昨日は「セミナー講師に必要な3つの力」
というテーマで開催されたセミナーズ
バンク4周年記念講演会に参加しました。


講演者は、神田昌典さん、和田裕美さん、
吉田浩さんという、とても豪華なメンバー
でした。


私は、和田裕美さんの手帳は持っていても
お話を聴くのは初めてでしたので、とても
楽しみでした。


和田裕美さんは、ブリタニカ時代、世界
142カ国で、世界2位の営業成績を
あげた抜群の営業力をもっています。


そのころのクロージング率は98%。
初対面の人に会って、その場で契約をいた
だく割合が98%ということです。


もちろん、はじめからこんなにうまく
いっていたわけではありません。


でも、、、
続きはメルマガで。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『売れる営業の第一印象を簡単につくる方法 vol.827』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月18日土曜日

自信をもつための目標の立て方を考えたことありますか【最幸の人生の贈り方 vol.826】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


会社員時代、理不尽だなあと密かに思って
いたことが、目標設定です。
市場やお客様の状況に関わらず、営業目標
が設定されたことです。


実は、これは理不尽でもなんでもありま
せんでした。当たり前のことでした。
続きはメルマガで。


昨日は、次男が高校受験に向けて、内申書
の計算をしないといけないからと言って、
通知表をひっぱりだしてきました。


兄の通知表もあったので、ひそかに比較
していました。弟にとって、兄はあこがれ
であり、ライバルでもあります。


兄の悪かったときの評価を見て、比べて
いましたが、そんなことする必要は
ないのに。


いいの、いいの。
君にしかできない人生が待っているん
だから。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『自信をもつための目標の立て方を考えたこと
ありますか vol.826』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月17日金曜日

やりたいこと、できること、もうかることのどれから始めますか【最幸の人生の贈り方 vol.825】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


独立準備を始めたころに、教わりました。
独自のウリをつくるのが大切ですよ、と。


そして、独自のウリは、やりたいこと、
自分の強み、お客様のお役に立てることの
3つが重なるところにつくりなさいと
学びました。


これはとても大切なことだと思って
います。

インターネット上にあふれているのは、
短期間で簡単にもうかる方法です。
続きはメルマガで。


昨日は、あるサイトをカスタマイズしよう
と、いじりはじめました。


思ったようにうまく変更できないので、
うっかり自動生成されたHTMLのソースを
見てしまったら、昔のシステムエンジニア
魂が復活してしまいました。


自動生成されるHTMLは美しくないのです。
美しくないプログラムやコードに、
イライラしてしまう自分に戻りました。
そんなところ、誰も見ないのに。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『やりたいこと、できること、もうかることの
どれから始めますか vol.825』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月16日木曜日

過去の自分が今の自分を想像できたと思えません

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


3年前、私は会社の人事担当者でした。
会社のある部門のあらゆる人事業務を
担当させていただいていたので、
組織編成、人事異動、昇進、給与調整、
採用、休職、復職、退職、労務など、
さまざまな業務を経験しました。





2年前、独立するために、会社を
退職し、毎日メルマガ、ブログ、
Facebookを更新しつつ、交流会で
名刺交換し、そして、自分の主催する
セミナーの準備を行っていました。


1年前、主宰する「卒サラ・サクセス
アカデミー」を毎月2回開催しつつ、
3月には200名の講演会を共催
しました。さらに合宿セミナーの
事務局を担当していました。


3年前の自分も、2年前の自分も
1年前の自分ですら、今の自分を
想定できないでしょう。


独立準備を始めてから、一貫して
変わっていないのは、会社員から
独立したいと思われる方に、
どうやったら、もっとも貢献できる
ようになるかということです。


会社というのは、事業目的があり、
その事業に応じた組織をつくり、役割
を定義し、その役割に適任の人を、
配置します。


個人のやりがいは、会社の目的に合わ
せて、個人が考えるものです。


会社という組織も、社会にとっては、
効率的な組織ですが、せっかく
生まれてきたからには、一度は、
自分のやりがいを一番に考えてみても
いいのではないかなと思っています。




自分が本当に何をしたいのか、
わからないときは、フューチャー
マッピングで、次の行動計画を
つくってみませんか。


新しい未来を一緒につくりませんか
http://blog.deepimpact.jp/2014/12/blog-post_6.html



行動に移せないときにはこの2つも考えよう 【最幸の人生の贈り方 vol.824】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。



現状の課題から、解決策をつくり、新しい
ビジョンに向けて、行動計画をつくると
いうことは、普通に行われることです。


あとは、やるだけ、のはず。


ところが、なぜか、行動に移らないとき
があります。


これは、なぜでしょう。


実は、2つのことを忘れている可能性が
あります。
続きはメルマガで。


昨日の夜は、PTA役員の歓送迎会。
幸いなことに、正面の席は、息子の担任の
先生でした。あと1年どうぞよろしく
お願いいたします。


お母さん、いろいろ、しゃべっちゃった
からね。息子よ、来週の教育相談、心して
出席するように。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『行動に移せないときにはこの2つも考えよう vol.824』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月14日火曜日

人生を変える メンターと出会う法 自分の磨き方、 高め方

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


4月12日に大和書房から発売された
本田健さんの最新著書「人生を変える
メンターと出会う法 自分の磨き方、
高め方」です。


メンターとは、日本語では、恩人や恩師と
いう言葉が近いでしょう。



人生を山登りにたとえたときに、優秀な
ガイドがいれば、その山が自分に合って
いるのか、どのルートが安全か、道具に
不備がないか、チェックしてくれます。


道具の使い方や天候変化の味方、ルートの
作成など、登山に関するいろいろな知恵を
授けてくれます。


その知恵を授けてくれるガイドが、メンタ
ーの役割にあたります。


とはいえ、メンターがいれば頂上まで
最短距離で行けるということではありま
せん。


というのも、失敗しないことが人生の目的
ではないからです。


メンターとは、「山の最短ルートを
最短時間で登るため」にいるのではなく、
「そもそも登山とは何なのか?」という
ところから考えさせてくれる存在なの
です。


という気づきを与えてくれる「はじめに」
から始まる著書です。


自分の理想の人生のイメージをもち、
そのためにどういうスキルがいるのか
調べる。


そして、メンターに教えてほしいこと、
誰にメンターになってもらうか、どの
ようにアプローチするか、メンターを
どのように口説くのか。


まず、「何を学ぶ必要があるのか」、
メンターのあり方を感じ、メンターを
ワクワクさせ、自分の才能を認めて
もらう。


そして、メンターの手助けをし、ライフ
ワークの楽しさを知りながら、専門知識を
学ぶ。


また、人間関係について教えてもらい、
目標設定のやり方を身につけ、メンターを
超えて、自分の世界をつくる。


これらについて、書かれている本です。





メンター探しのときに、陥りやすいワナが
あります。私は、会社員時代、これに
気づかず、自分にはメンターが見つけられ
ないとがっかりしていたものです。


それについても明確に書かれています。


「メンターというと、完全無欠の人を
想像する人が多いかもしれませんが、
メンターも人間です。私の知り得たメンタ
ーは、みなそれぞれに人間的なクセや
問題があり、必ずしも完璧な人では
ありませんでした。


しかし、問題を解決したり、人生の方向性
をはっきりさせるという点では、抜群の力
を発揮してくれました。


人から教えてもらうのに、その先生が素晴
らしい人格者である必要はありません。
逆に人間的に完全でないために、かえって
魅力にあふれていたりするものです。」


若いときには、受け取れる器が小さかった
ので、アドバイスをもらっても、そういう
自分だって、できていないところがある
じゃないかと思ったりしたものです。


本当にもったいないことをしたものです。


まだまだ、これからの人生を高めていきたい
と思っている方には、本当におすすめです。




あなたには人生の恩師はいますか?

人生を変えるメンターと出会う法【最幸の人生の贈り方 vol.822】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


4月12日に大和書房から発売された
本田健さんの最新著書「人生を変える
メンターと出会う法 自分の磨き方、
高め方」です。


メンターとは、日本語では、恩人や恩師と
いう言葉が近いでしょう。


人生を山登りにたとえたときに、優秀な
ガイドがいれば、その山が自分に合って
いるのか、どのルートが安全か、道具に
不備がないか、チェックしてくれます。


道具の使い方や天候変化の味方、ルートの
作成など、登山に関するいろいろな知恵を
授けてくれます。


その知恵を授けてくれるガイドが、メンタ
ーの役割にあたります。


とはいえ、メンターがいれば頂上まで
最短距離で行けるということではありま
せん。


というのも、、、
続きはメルマガで。


昨日は、私の釣りの師匠である、東京海洋
大学客員教授 奥山文弥先生のフィッシン
グカレッジに参加しました。


「釣りは自然科学の第一歩」というテーマ
で、1時間半の講義でした。


フィッシングカレッジは、予約なしで
無料でどなたでも参加できます。
次回は、5月11日(月)18:30から
東京海洋大学品川キャンパスで開催されます。
http://f-okuyama.com


今週末は、奥山師匠とともに伝統釣り道楽
文化ヘラブナ釣りに挑戦してき
ます。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『人生を変えるメンターと出会う法
vol.822』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月13日月曜日

人生を望む状態に変えていくシンクロデスティニー【最幸の人生の贈り方 vol.821】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


本田健さんの3日間の合宿セミナー
「人生の目的を見つけて、次元上昇の扉を
開く法」が終了しました。


参加して、本当によかったなあと
思いました。


快く送り出してくれた家族に、心より
感謝します。


さて、今回の合宿のテーマは、単に
人生の目的を見つけるということだけ
ではないのです。


私は、今まで、普通に生きてきました。
コツコツと努力を積み重ねれば、努力に
応じた成果が出せるでしょうということ
をずっとやってきたのです。


がんばれば、報われるという人生です。


これは、これで、悪くはないのですが、
達成に時間がかかります。
続きはメルマガで。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『人生を望む状態に変えていく
シンクロデスティニー vol.821』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月12日日曜日

人生を振り返ると、自分のテーマが見えてくる【最幸の人生の贈り方 vol.820】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


昨日は、作家 本田健さんの八ヶ岳での
3日間のセミナーの第2日でした。


「人生の目的を見つけて、次元上昇の扉を
開く法」というタイトルのセミナーです。


本田健さんの4月20日発売予定の新著
「人生を変えるメンターと出会う法 
自分の磨き方、高め方」
も読了しました。


自分の人生のテーマをじっくり考えて、
また今まで気づかなかったことに、
気づきました。


本当に今まで出会ったすべての方に
感謝いたします。


初日のセミナーで人生を振り返りました。


まず、幼少期を振り返ります。
続きはメルマガで。


[連絡事項]
本日まで、ネット環境が悪いので、返信
しきれていません。申し訳ございません。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『人生を振り返ると、自分のテーマが見えてくる vol.820』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月11日土曜日

人生の目的について考え中です【最幸の人生の贈り方 vol.819】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


昨日から、作家 本田健さんの八ヶ岳での
3日間のセミナーに参加しています。


「人生の目的を見つけて、次元上昇の扉を
開く法」というタイトルのセミナーです。


甲府から八ヶ岳までの道は、桜や桃が満開で
とても美しいです。もう一度お花見ができて
ラッキーです。

本田健さんの4月20日発売予定の新著
「人生を変えるメンターと出会う法 
自分の磨き方、高め方」
を一般発売に先駆けて、いただきました。


今までの健さんの本に書かれていないことが
たくさん書かれていますので、とても
学びになります。
書評は改めて書きます。
続きはメルマガで。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『人生の目的について考え中です vol.819』です。


今までのメルマガの発行実績はこちら
http://blog.deepimpact.jp/p/blog-page_17.html

2015年4月10日金曜日

独立してから最も大切にしているもの【最幸の人生の贈り方 vol.818】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。



会社員と独立してからの大きな違いは、
有給休暇がないことです。
私は、恵まれたことに、毎年ほとんど
有給休暇を消化させていただいて
いました。


有給休暇を使って、家族旅行に行ったり
セミナーに出たり、とても不本意ながら
体調不良で休んだり。


そして、産前産後休暇も2回いただき
ましたし、育児休職も2ヶ月ずつ、
2回いただきました。


私が本当に幸運だったのは、30代前半に
この産休・育休を2回とったことです。


ここから学んだことは、、、
続きはメルマガで。


昨日は、アルファビクス開発者である
治面地順子先生によるアルファビクス
インストラクター養成講座のレッスン
でした。


次々と仲間が卒業して、インストラクター
になっていき、また、レッスン会場も
初台オペラシティ 2階に新設されること
になり、そろそろ次の仲間を増やそう!
とお話しされていました。


アルファビクスは、文字通り、一生
続けていける健康法ですから、私自身が
きちんと身につけようと思っています。


アルファビクスについてはこちらから。
http://www.j-c-a.co.jp/cgi-bin/jca/siteup.cgi?category=1&page=4


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『独立してから最も大切にしているもの vol.818』です。



メルマガは、毎日7:40に発行されます。
バックナンバーは、一般公開していません。

https://lolipop-825523566aab9c3d.ssl-lolipop.jp/fb_sotsusara/






最初の7日間は、
【サラリーマン起業7つの鉄則】メール講座と
最幸の人生の贈り方】メールマガジン
が同時に届きます。

2015年4月9日木曜日

とりあえずの人生を送っていませんか 【最幸の人生の贈り方 vol.817】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


独立を決意したのは、ある起業塾がきっか
けでした。その起業塾に入ろうか、個人
面談を受けていたときのことです。


途中で、私が使っている言葉について、
アドバイスをいただいたのです。
続きはメルマガで。


昨日は、私の師匠である鳥居祐一先生の
放談会でした。メルマガでは書けない話が
次々と出てきます。


具体的な話は書けませんが、エッセンスは
お金の増やし方・お金の使い方をきちんと
知るということと、正しい情報を人を
通じて入手するということです。


メルマガで募集すると、いつも即日で
2倍から3倍の申し込みがある、人気
イベントです。


鳥居祐一さんのメルマガはこちら
「ポジティブ・ライフスタイルのススメ」
http://www.yuichitorii.com/mg/


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『とりあえずの人生を送っていませんか vol.817』です。



メルマガは、毎日7:40に発行されます。
バックナンバーは、一般公開していません。

https://lolipop-825523566aab9c3d.ssl-lolipop.jp/fb_sotsusara/






最初の7日間は、
【サラリーマン起業7つの鉄則】メール講座と
最幸の人生の贈り方】メールマガジン
が同時に届きます。

2015年4月8日水曜日

Facebookをどう使っていますか

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


私は、長年IT企業でシステムエンジニア
として働いていて、IT技術の変遷をずっと
目撃してきました。メインフレーム(大型
汎用機)から始まり、パソコン、クライアント
・サーバー(UNIXマシン)、インターネットと
いう風に新しい技術がでるたびに、習得
していったのです。


1998年の長野オリンピックのプロジェクトに
94年に配属されたときに、これからは、
インターネットの時代だと思い、とびついた
のを覚えています。





その頃は、動画をどう配信するかについて
とても苦労している時代でした。
いまや、スマホだけで、誰もが動画をネット上
で配信できる時代です。すごい時代に
なりました。




そして、個人が発信することが簡単にできる
ようになり、さらにソーシャルメディアが
普及するようになりました。
会社員でいるときには、ソーシャルメディアの
本当の威力を知りませんでした。
アカウントは作っても何にも使っていなかった
のです。なぜなら、個人情報を出すことに、
何の意義も感じなかったからです。


その威力に驚いたのは、東日本大震災のとき
です。そのときに活躍したのは、ツイッター
でした。


あの大震災の直後、子どもたちの学校から、
電話連絡網が流れてきましたが、電話は
ほとんど使い物になりませんでした。


携帯メールも届きません。なぜか、会社から
送られてくるメールだけ届きました。IBMは、
インターネットの世界で、IPアドレスを
たくさん持っている企業なのです。さすがだな
と思いました。


そこで、情報手段として活躍したのが、140
文字だけ送れるツイッターだったのです。
データの短さゆえに、到達できたのです。


ツイッターがすごいと言われても、自分自身は
使う意義を見出せませんでした。そのまま
放置です。


次にFacebookがはやり始めました。会社から
は、アカウントを作るように。でも会社員と
しての発言には気をつけるように。という
難しいガイドなので、放置していました。


ところが、独立準備を進めようと、Facebook
を本格的に始めて、その威力に初めて気づいた
のです。ちょうど2年前のことです。


独立したら、会社の看板は使えませんから、
自分で看板をつくって育てていくしか、
ありません。そのための手段が、ブログであり
Facebookだったのです。




Facebookは、コンスタントに100いいね!
がつくようにまず目指そうと思いました。


そのときに教えてもらったのは誰でもいいから
つながれという、今考えてみると、まったく
無駄な方法でした。とにかく1000人目指せ
ということでした。


2年たった今でも、友達は、1000人程度
です。しかし、2年前と違うのは、誰でもいい
1000人ではなく、私が「Facebook上で
つながっていたい」と思う1000人です。


2年かけて、ほとんど入れ替えたのです。
これは楽な作業ではありませんし、今でも
随時入れ替えています。


というのは、時間は有限であり、きちんと
交流したいと思ったら、5000人の友達は
必要ないからです。Facebookの友達を削除
したからといって、リアルの交流をやめると
いうことではありません。


実際に名刺交換して、Facebook上で友達に
なったとしても、その人がご自分のタイム
ライン上で、ご自身の情報をなにも開示せず、
といって、私の投稿にいいね!を押すわけでも
ないなら、Facebook上で友達になっている
必要はないだけのことです。


1000人程度にしたいと目標設定していますから
そういう方は、削除させていただいています。


決して、リアルのつながりと同期しているわけ
ではないのです。


けれども、Facebookでは、ゆるくつながる
ことができます。ですから、名刺交換しただけ
だとしても、Facebookできちんと情報発信
している人であれば、その人がどういう人か
わかってきます。そして、数ヶ月ぶりに
会ったとしても、ひさしぶり感はないのです。


これはすごいことだなあと思っています。




私自身は、2年たって、Facebookを、以下の
目的で使用しています。
・メルマガの読者募集
・日々の行動の記録
・他の人の応援
・コミュニティの参加
・イベントの告知


おそらく、これと同じようなことができるのは
他はブログが一番近いと思います。
交流という点では、ブログは及びません。


メルマガのほうがずっと多くのコメントを
いただけます。


ということで、Facebookは今年初めに規約が
変わり、まだまだ動きがありますので、様子を
見ていこうと思います。


Facebookページは、アカウントがなくても
見ることができます。
いいね!を押してくれるとうれしいです。
(いいね!はアカウントがないとできない?!)
https://www.facebook.com/Sotsusala


2015年4月7日火曜日

トニー・ブザン先生に学ぶ「脳の使い方手順書」(4) 最終回

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


4回に分けてトニー・ブザン先生に
直接教わった、「脳の使い方」について
書いてきました。最終回です。


18.美しいマインドには、美しい身体が
必要である
逆に美しい身体には、美しいマインドが
必要です。そして、美しい身体には、
よい食べ物が必要です。


19.筋肉を鍛える
運動が必要です。





20.身体を柔軟にする
ブザン先生はヨガや合気道をしています。


21.心臓を鍛える
酸素が血液によって運ばれていきますので
脳に酸素が届くようになります。


22.たばこを吸わない


23.砂糖を避ける
養分はへらしていいのです。


24.アルコールは適度に
アルコールそのものが、脳を壊すことは
ありません。
多く摂りすぎなければいいのです。
1日グラスに1〜2杯でいいです。




ブザン先生から教えていただいた、
脳の使い方については、以上です。


食べ物は、本当に大切です。
が、絶対これしかダメというのも
窮屈だなあというのが、いろいろ試した
結果の結論です。


私自身は、食についても、たくさん
勉強してきたので、選択基準をもって
います。ある時期には、本当に食べたい
ものがほとんどなくなりましたが、
今は考え方を変えました。


選択できるときには、自分の選択基準で
考えよう。
そうでないときには、目の前にあるものに
ご縁があるので、それに感謝して
いただこう。


と、考えています。


幸いなことに、私自身は嫌いなものが
ほとんどないし、食物アレルギーも
ありません。
私が気をつけるべきことは食べ過ぎです。


それでも絶対食べないものがあります。
コーヒーフレッシュであり、
マーガリンです。
これらは、「いりますか、いりませんか」
と聞いてもらえるものなので、
「いりません」と言っても失礼には
あたりません。


食に気をつけている人かどうかは、
この2つを手に取るかどうかで、簡単に
見分けられるので、おもしろいものです。


私がスーパーにいくと、加工食品は、
必ず食品表示を見ます。


私の子どもたちは、小さいころから、
それをよく見ていたので、夫が買い物を
したときに、食品表示を見ないで
カゴに入れると、子どもたちに
注意されたそうです。


「無添加」と言っても、無添加でない
ものはたくさんあります。
あまり窮屈にならず、でも、きちんと
学んだほうがいいと思います。


なぜなら、食べ物が身体をつくるのは
間違いないですから。


自然のものだから、よいということも
ありません。


イノシシの肉を食べると、その宴会は
イノシシ気質の人の集まりになり、
馬の肉を食べると、馬のようになる
そうです。ヤギも同じです。


野菜や果物もそれぞれ、育った土地の
影響を受けています。育てられ方も
大切です。





そこにさらに、料理をしている人の
気持ちも加わりますからね。
怒りながら作った料理は、まずいです。


ということで、考えすぎると、何も
食べられなくなるので、目の前にでてきた
料理をありがたくいただくことに
しています。


あなたは、脳のために、よい食事を
していますか。


トニー・ブザン先生に学ぶ「脳の使い方手順書」(1)
トニー・ブザン先生に学ぶ「脳の使い方手順書」(2)
トニー・ブザン先生に学ぶ「脳の使い方手順書」(3)
トニー・ブザン先生に学ぶ「脳の使い方手順書」(4) 最終回


ダライ・ラマ法王から日本人へのメッセージ【最幸の人生の贈り方 vol.815】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。



ダライ・ラマ法王14世は、チベットの
精神的最高責任者で、1935年に
チベットに生まれ、2歳のときに、13世
の生まれ変わりと認定されました。


1959年に中国のチベット侵略により、
インドに亡命。以来、インドに在住。


1989年にノーベル平和賞を受賞。世界
各国を駆け回り、世界平和に貢献されて
います。


私は、中国の黄龍・九寨溝(きゅうさい
こう)を観光で訪れたときに、チベットの
文化について、ほんのさわりを見たことが
あります。続きはメルマガで。


昨日は、私が一生に一度はお会いしたいと
思っていた方が何人も集まるという、
とても貴重な講演会に参加させていただき
ました。


ノーベル平和賞受賞者のダライ・ラマ法王、
「生命の暗号」著者の村上和雄氏の講演を
聴くことができて、本当によかったです。


村上和雄氏の講演については、明日の
メルマガで書きます。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『ダライ・ラマ法王から日本人への
メッセージ vol.815』です。

メルマガは、毎日7:40に発行されます。
バックナンバーは、一般公開していません。

https://lolipop-825523566aab9c3d.ssl-lolipop.jp/fb_sotsusara/






最初の7日間は、
【サラリーマン起業7つの鉄則】メール講座と
最幸の人生の贈り方】メールマガジン
が同時に届きます。

2015年4月6日月曜日

箱根駅伝5区を完歩して学んだ5つのこと【最幸の人生の贈り方 vol.814】

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。

箱根の山は、天下の嶮(けん)
函谷關(かんこくかん)も ものならず


滝廉太郎作曲の「箱根八里」です。


箱根八里とは、昔の東海道で、小田原宿
から箱根宿までの四里と箱根宿から三島宿
までの四里を合わせたものです。


箱根関所址近くに、当時の杉並木が残って
います。


この杉並木は、徳川幕府が旅をする人に
木陰を作ってあげたいということで、
植えられたものだそうです。


この前半四里が、おおよそ箱根駅伝の5区
にあたり、箱根駅伝初日のクライマックス
になる場所です。続きはメルマガで。


一昨日、予定どおりに箱根5区を完歩
しました。9時に小田原駅に集合し、
そこから歩き、途中中間点の宮ノ下の
足湯カフェでランチをいただき、名物の
シチューパンをいただき、芦ノ湖の
ゴールについたのは、17時でした。


そのあと、素敵なコテージで、BBQと会話を
楽しみ、2段ベッドで眠りました。


昨日は、バスとロマンスカーで戻って
きました。


今日の【最幸の人生の贈り方】メルマガは、
『箱根駅伝5区を完歩して学んだ5つの
こと vol.814』です。


 メルマガは、毎日7:40に発行されます。

バックナンバーは、一般公開していません。

https://lolipop-825523566aab9c3d.ssl-lolipop.jp/fb_sotsusara/






最初の7日間は、
【サラリーマン起業7つの鉄則】メール講座と
最幸の人生の贈り方】メールマガジン
が同時に届きます。

2015年4月5日日曜日

トニー・ブザン先生に学ぶ「脳の使い方手順書」(3)

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。



数回に分けてトニー・ブザン先生に
直接教わった、「脳の使い方」について
書いています。


12.リーダーになるために学ぶ
自分自身を伸ばしてください。


13.学び方を学ぶ
記憶力を鍛えるとともに、忘れないように
見直して復習することが大切です。


14.常に色を使う
ノートをとるときも、復習するときも
色を使ってください。



15.休憩をとらなければならない
24時間7日間頑張り続けると、
脳も身体も免疫システムも壊れます。


16.子どもたちと一緒に仕事をして遊ぶ
子どもたちは、創造力があり、前向きで
エネルギッシュです。


子どもたちから学ぶことがたくさん
あります。




17.子どもになるために、自分をつくる
天才や芸術家は、皆、子どものように
ふるまいます。
ピカソは、80歳代になって、ようやく
子どものときのように描けるように
なったと語っていたそうです。


今回はここまで。次回が最終回です。


小学校に上がる前の子どもたちと遊んだ
経験のある人なら、おわかりだと
思いますが、彼らは、何度も何度も
同じことを繰り返して遊びます。


付き合う大人は、飽きてしまいますが、
飽きてしまうと、子どもに真剣に
怒られるか、見捨てられてしまうので、
一緒に楽しむ方がお得です。




この前も4歳の女の子と、1時間延々
ブロックを積み上げては壊すことを
繰り返しました。


その間、ずっと「あきらめないよ。」と
つぶやいているのです。


素敵だと思いませんか。


大人は、なんて簡単に1回や2回で
あきらめてしまうのでしょう。


自分たちは、子どものころ、何度も何度も
失敗して、それでもあきらめなかったから
歩けるようになったし、話せるように
なったのです。


おはしももてるようになったし、
文字を書けるようになったのです。


人間ってこういうふうに学んでいくんだよ
と教えてくれるのは、子どもたちです。


人生で大切なことを忘れていませんか。


あなたは、1回や2回の失敗で、
あきらめたりしていないですよね。


今回はここまでです。続きます。



Facebookは、実際にお会いした方のみ

2015年4月3日金曜日

トニー・ブザン先生に学ぶ「脳の使い方手順書」(2)

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。



数回に分けてトニー・ブザン先生に
直接教わった、「脳の使い方」について
書いています。


7.恐れをなくす


8.失敗を楽しむ


9.自分の失敗から学ぶ


10.自分のゴールを定義する
ゴールとは、人生のゴールと、職業の
ゴールの2つがあります。
その2つは、結びつく必要があります。


もし人生のゴールが、平和なのに、仕事が
爆弾を製造したり、販売することだったら
矛盾しますよね。


そして、そのゴールをマインドマップに
描いてみて、行き着くためのステップを
書き出します。


ブザン先生の場合には、世界中に
メンタルリテラシー、すなわち、
脳についての知識と活用方法を広めて
いくことであり、その方法は、
講演と書籍です。


11.知性を探索する
知性には、いろいろな種類があります。


(1)言語的
言葉、文字、単語を操る力のことです。


(2)数字的
数字を使って、算数、計算を行う力の
ことです。


(3)人格的
自分を認識し、自分を愛する力です。
自分自身の友達、コーチになり、自分を
大切にする力です。


そのために、ボジティブ思考であること
です。


たとえ、天気が晴れじゃなくても、
足が折れても、前向きになれるなら、
自分を大切にすることができます。


そして、自分自身がコーチとなって、
一番よいと思われる方法をとれることでも
自分を大切にすることができます。


(4)肉体的
身体の鍛え方、柔軟性の保ち方を知り、
心臓血管を含めた全身を健康に保つ方法を
知っていることです。


(5)感覚的
五感、すなわち視覚、聴覚、嗅覚、触覚、
味覚があります。
視覚をうまく使っていた例として、
ダヴィンチのノートをぜひ見ることを
おすすめします。


(6)空間的
3次元を把握し、それを再現する力です。


(7)社会的
他の人たちとつながる力、子どもや老人と
コミュニケーションをとることができる
力です。

1:1でコミュニケーションできる力
少人数や大人数の集団でできる力、
そして人間関係を長続きできる力です。


(8)創造的
文化を学ぶ力、ユニークなオリジナルを
創る力、左脳と右脳の両方を使う力です。


(9)精神的、道徳的
動物や植物を大切にできる力、紳士で
ある力です。


「水たまりでおぼれている虫を助けた
ことはありますか。」


YESと答えたあなたはその力があります。


「虫をえいっと殺したことはあります
か。」


YESと答えたあなたは、足りないかも。


ちなみに、私は、どちらもYESです。
蚊は、容赦なく一発必中です。まだまだ
修行が必要です(^_^;


ここまでが知性です。


感情的というのは、知性に入りません。
感情をコントロールできず、火山のような
エネルギーがあります。



今回はここまでです。続きます。



Facebookは、実際にお会いした方のみ