グローバルナビ

2015年4月8日水曜日

Facebookをどう使っていますか

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


私は、長年IT企業でシステムエンジニア
として働いていて、IT技術の変遷をずっと
目撃してきました。メインフレーム(大型
汎用機)から始まり、パソコン、クライアント
・サーバー(UNIXマシン)、インターネットと
いう風に新しい技術がでるたびに、習得
していったのです。


1998年の長野オリンピックのプロジェクトに
94年に配属されたときに、これからは、
インターネットの時代だと思い、とびついた
のを覚えています。





その頃は、動画をどう配信するかについて
とても苦労している時代でした。
いまや、スマホだけで、誰もが動画をネット上
で配信できる時代です。すごい時代に
なりました。




そして、個人が発信することが簡単にできる
ようになり、さらにソーシャルメディアが
普及するようになりました。
会社員でいるときには、ソーシャルメディアの
本当の威力を知りませんでした。
アカウントは作っても何にも使っていなかった
のです。なぜなら、個人情報を出すことに、
何の意義も感じなかったからです。


その威力に驚いたのは、東日本大震災のとき
です。そのときに活躍したのは、ツイッター
でした。


あの大震災の直後、子どもたちの学校から、
電話連絡網が流れてきましたが、電話は
ほとんど使い物になりませんでした。


携帯メールも届きません。なぜか、会社から
送られてくるメールだけ届きました。IBMは、
インターネットの世界で、IPアドレスを
たくさん持っている企業なのです。さすがだな
と思いました。


そこで、情報手段として活躍したのが、140
文字だけ送れるツイッターだったのです。
データの短さゆえに、到達できたのです。


ツイッターがすごいと言われても、自分自身は
使う意義を見出せませんでした。そのまま
放置です。


次にFacebookがはやり始めました。会社から
は、アカウントを作るように。でも会社員と
しての発言には気をつけるように。という
難しいガイドなので、放置していました。


ところが、独立準備を進めようと、Facebook
を本格的に始めて、その威力に初めて気づいた
のです。ちょうど2年前のことです。


独立したら、会社の看板は使えませんから、
自分で看板をつくって育てていくしか、
ありません。そのための手段が、ブログであり
Facebookだったのです。




Facebookは、コンスタントに100いいね!
がつくようにまず目指そうと思いました。


そのときに教えてもらったのは誰でもいいから
つながれという、今考えてみると、まったく
無駄な方法でした。とにかく1000人目指せ
ということでした。


2年たった今でも、友達は、1000人程度
です。しかし、2年前と違うのは、誰でもいい
1000人ではなく、私が「Facebook上で
つながっていたい」と思う1000人です。


2年かけて、ほとんど入れ替えたのです。
これは楽な作業ではありませんし、今でも
随時入れ替えています。


というのは、時間は有限であり、きちんと
交流したいと思ったら、5000人の友達は
必要ないからです。Facebookの友達を削除
したからといって、リアルの交流をやめると
いうことではありません。


実際に名刺交換して、Facebook上で友達に
なったとしても、その人がご自分のタイム
ライン上で、ご自身の情報をなにも開示せず、
といって、私の投稿にいいね!を押すわけでも
ないなら、Facebook上で友達になっている
必要はないだけのことです。


1000人程度にしたいと目標設定していますから
そういう方は、削除させていただいています。


決して、リアルのつながりと同期しているわけ
ではないのです。


けれども、Facebookでは、ゆるくつながる
ことができます。ですから、名刺交換しただけ
だとしても、Facebookできちんと情報発信
している人であれば、その人がどういう人か
わかってきます。そして、数ヶ月ぶりに
会ったとしても、ひさしぶり感はないのです。


これはすごいことだなあと思っています。




私自身は、2年たって、Facebookを、以下の
目的で使用しています。
・メルマガの読者募集
・日々の行動の記録
・他の人の応援
・コミュニティの参加
・イベントの告知


おそらく、これと同じようなことができるのは
他はブログが一番近いと思います。
交流という点では、ブログは及びません。


メルマガのほうがずっと多くのコメントを
いただけます。


ということで、Facebookは今年初めに規約が
変わり、まだまだ動きがありますので、様子を
見ていこうと思います。


Facebookページは、アカウントがなくても
見ることができます。
いいね!を押してくれるとうれしいです。
(いいね!はアカウントがないとできない?!)
https://www.facebook.com/Sotsusala