グローバルナビ

2015年3月29日日曜日

強みの正体とは何か

卒サラ案内人™ 朝日 一惠です。


自分でビジネスを作るなら、
自分の強みを活かすのが有利です。


なぜなら、強みというのは、自分に
とっては、苦にならず、できるもの
だからです。


では、強みとは一体何なのでしょうか。


人間は、誰でも赤ちゃんのときには、
すべての言語の音を聴き取ることが
できます。



どこの国に生まれようが、親が何の言語を
話そうが関係ありません。


脳にはそういうことが可能なのです。


ところが、3歳になると、使わない
言語の脳の回路を切っていきます。
これが、弱みの正体です。


そして、毎日使う言語の脳回路を
強化していきます。
これが強みの正体です。



これは、3歳になると自分で判断する
ようになるので、脳を効率よく使う
ために、より生活に必要な方に重点を
置きたいわけです。


ですから、強みは、効率的に生きて
いくために、誰もがもっているものだ
といえます。


そして、脳回路を鍛えれば、強みに
なるわけです。


要するに、その部分の脳の回路を
使っているうちにどんどん太く高速に
なっていくのです。



ですから、強みはあとからつくることが
いくらでも可能です。


自分には強みがないと嘆く必要はない
のです。


そして、ビジネスに使うのであれば、
意識的に強みを磨いていく必要が
あります。


特定の問題解決に特化すればするほど
強みが磨かれるということです。



自分に強みがないと思えば、つくれば
いいし、さらに磨けばいいのです。


そもそも、誰にも強みはあるんですけどね。



あなたの強みは何ですか。


Facebookページに、毎日のメルマガ記事の
投稿を行っています。
https://www.facebook.com/Sotsusala