グローバルナビ

2014年4月4日金曜日

卒サラ 自分ビジネスを誰のために行うか

卒サラ・サラリーマンから卒業しよう

卒サラ案内人 朝日 一惠です。

独立した当初は、理想のお客様を
ひとりにしぼるのが効率がよいです。

初めは、資金も時間も労力も非常に
限られているからです。

あれもこれもという気持ちは
よくわかります。

でも、ある分野で圧倒的な実績を
作りたいなら、しぼるほうが
楽だと思いませんか。

ニッチな分野でいいのです。

でも、「そこで一番です」と言えたら、
説明しやすくないですか。

すると、他の人も説明しやすくなりますよね。

紹介も広がりやすくなります。





何よりも、お客様が、自分のための
商品・サービスだと思って、
喜んでやってきてくれるかもしれません。

そしてしぼるなら、徹底的に、理想のお客様を
ひとりまでしぼってみましょう。

すると、そのお客様の悩みを
イメージしやすくなります。

単に想像でなく、直接聞いてみるのが
一番です。

何に困っているのだろう。
何を悩んでいるのだろう。
何のためなら、お金を払ってでも
解決したいのだろう。

そんなこと24時間考え続けるのが
楽しくなるお客様を
選んでくださいね。

理想のお客様について考えると、
楽しくなってしまう。
すると、楽しみながらビジネスができますね。

あなたは、誰のための
お役に立ちたいですか。