グローバルナビ

2014年3月31日月曜日

卒サラしたのは、1年前

卒サラ・サラリーマンから卒業しよう

卒サラ案内人 朝日 一惠です。

ちょうど1年前、24年勤めた会社を
辞めました。

会社で培ったさまざまなスキルをもとに
自分でしかできないビジネスを
立ち上げようと思ったのです。

SEとして入社し、一流企業のシステムの
構築にたずさわってきました。

数年にわたるプロジェクトや
数ヶ月で構築しなければならないシステム
など、実にさまざまな規模、そして
さまざまな業種のシステムを
つくってきました。

さらには、社内で多くの部門を横断する
プロジェクトにも携わりました。

海外の各部門と連携したこともあります。

大きな会社でしたから、実にさまざまな
仕事の機会があったのです。

挑戦したいと思えば挑戦させてくれる機会を
いただくことができ、
本当に恵まれていたと思います。

そして、いろいろな仕事をやり遂げては、
次々に新しい仕事をしていましたが、
だんだん選択肢がなくなってきました。

最後にたどりついたのが、人事の仕事でした。

とてもやりがいのある仕事でしたが、
日本で要員が減らされていく部門でした。

私は、人事の仕事を全うしようと
思っていましたが、
意に反して、毎年のように、
営業やSEの職種を打診されました。

あるとき、思ったのです。

自分が今まで培ったスキルをすべて
使ってみたら、新しいことが
できるのではないだろうか。

そのような仕事は、会社という組織では
提供されないものでした。

会社は、事業の目的に沿った、
組織をつくり、その中での役割を定義し、
そこにぴったりの人を
アサインするからです。

今の私は、1年前の私が想像していたものと
違います。

1年後でも、ぴったり想像できないものですね。

来年の私も、今の私が想像しているよりも
超えていますように。