グローバルナビ

2014年3月30日日曜日

卒サラを始めるには、まずこれを決めるところから

卒サラ・サラリーマンから卒業しよう

卒サラ案内人 朝日 一惠です。

独立するときに、自分のビジネスを
つくろうと思ったら、
まず3つの大切なことを考えましょう。

その1つめが「自分のやりたいこと」を
きちんと掘りさげること
そして、2つめが「自分の強み」を
磨いて活かすことです。
3つめは「理想のお客様を決めること」
です。

ビジネスは、誰かの問題を解決することで
初めて対価をいただけるものです。

ですから、「やりたいこと」と「強み」だけでは
成り立たないのです。

自分視点で終わらずに、
お客様視点に立たなければ、
話を聞いていただけないですよね。

ここで重要なのが
「理想のお客様をただ1人決めること」
です。

なぜ、1人なのか。

自分の軸がぶれなくなるからです。

1人にしぼることは、とても怖いと
思うかもしれません。



というのも、会社では、ターゲットが
たくさんいる分野を探すのが、
マーケティングの大事な要素でも
あるからです。


特に大企業では、まず市場分析から
入ります。

これは、資本がたくさん投下できるから
できることなのです。

広告費も営業経費もたくさんかけられる
大企業ならではの戦術です。

ところが独立した当初は、そんなものは
ありません。

だから、企業と同じやり方では
だめなんです。

しかし、企業にはできないことができます。

細かいニーズにすばやく対応できると
いうことです。

大企業だったら、コストを考えて
対応しないことはたくさんあるでしょう。

これが個人で独立する強みです。

稟議を回す必要も、根回しをする必要も
ありません。

自分で決断し、実行すればいいのです。

だったら、ある人のニーズに徹底的に
こたえてみればいいのです。

それが理想のお客様です。

理想のお客様の悩みについて、
とことん考えてみませんか。